水 槽 作 家 紹 介

アクアズーム主宰 三浦達雄

昭和の団塊の世代。学生運動真っ盛り、激動の明治大学の中にあって、純粋に哲学と文学に没頭し、フランス文学科を卒業後、進路は大きく舵をとり、写真家として活躍。
幼少の頃より趣味としていたアクアリウムの研究に携わりながら、水草、熱帯魚の撮影に力を注ぎ続け、月刊アクアライフ等、専門雑誌に写真、研究文を掲載する。連載ページ等も担当、ポエムの中に文学に親しんだ片鱗を見ることが出来る。また撮影講座なども連載して好評を得る。特に1993年に発表された水草の研究文はドイツの専門雑誌『Das Aquarium』に美しい写真とともに取り上げられ、話題を呼んだ。

1995年水槽作家として、アクアリウムの専門店アクアショップ "Aqua ZooM"を銀座に立ち上げ、独創的水槽レイアウトで注目を集める。
また趣味を生きざまにしている男性として、1997年、世界文化社より発刊されている『メンズエクストラ』に紹介されている。1999年、三越日本橋本店にオープンアクアリウムを設置し、評判を呼ぶ。

その水景レイアウトにはショップ立ち上げの前、写真家を生業としていた時の技術・経験が、今日の水槽に『光』を映し、美しい水景を表現している。
また、当時育成困難とされていた「トニナ」の育成を成功させた実力を持ち。ドイツの専門誌「Das aquarium」に世界初の育成記録が掲載されたことで、緑の手を持つ男「グリーンフィンガー」と称えられている。

そして、世界で初めて"水槽作家"と名乗り、自分の作品に思いを込め、責任を持ち、独自の理論と水槽デザインで多くのファンを獲得している。
"オープンアクアリウム"の第一人者である。

執筆・取材・出演した雑誌及び番組

2008年しんにっしん誌上の至上の笑顔                                                       
てにふれて 夢のゆめの夢を 追う 
遠いとおい遠い 未来へ 参上 

ぼくたちが 犯した錯覚の国 それが地球 

飛び散った ひかりと 光とひかり
きみたちが また 拾い集めている
アクアジャーナル / アクアライフ
アクアEM2 / アクアマガジン
婦人画報 / レクサス
GRAN / 朝日新聞(多摩版)
das Aquarium(ドイツ)
MEN’S EX
テレビ東京:出没アド街ック天国
テレビ朝日:素敵な宇宙船地球号
NHK:おはよう日本  etc


*面談ご希望の場合は、お電話にてお問い合わせ下さい。
TEL 042-371-1868
ホームへ